ホルモンバランスとお酒の関係

 

 

お酒を飲みすぎてしまう人はホルモンバランスを乱したり、自律神経を狂わせてしまう人が多いようです。両者にはどんな関係があるのでしょうか?今回はそんなホルモンバランスの乱れとお酒の関係をみていきましょう。

 

お酒とホルモンバランスの関連

 

お酒を飲んだら身体が温かくなるのを感じるでしょう。それはお酒を分解する際に熱が出てしまうからです。

 

適度な飲酒なら身体に悪影響がありませんが、大量のお酒を飲むとアルコールを分解するときの熱で眠りが浅くなり、自律神経のバランスを乱します。自律神経はホルモンバランスと強い因果関係があります。
これがお酒とホルモンバランスの関係の仕組みになっています。

 

未成年者やアルコール依存症はさらに問題

 

未成年の頃からお酒を飲んでいたり、アルコール依存症レベルでお酒を飲んでいると身体に悪影響が出てきます。それはホルモンバランスの乱れです。

 

男性ホルモンが減少し、女性ホルモンが増加する減少がお酒とホルモンバランスの乱れには関係があるのです。それにより男性の女性化や勃起不全症候群を引き起こしやすくなります。

 

大切なのはバランス

 

お酒は適度に飲めば、素晴らしい健康食品になります。ほろ酔い気分は気持ちを楽しくさせますし、家族や友人、恋人と楽しい時間を過ごせます。

 

問題なのは、お酒を飲む過ぎてしまうことです。ホルモンバランスの乱れ以外にも健康を損なう恐れがあるので、適度な量を楽しむようにしましょう。