ホルモンバランスとイライラの関係

 

 

女性を悩ませるイライラする悩み。そのイライラはホルモンバランスの乱れが原因で起こったものかもしれません。

 

2種類あるイライラ

 

イライラするのは大きくわけて2種類あります。まず1つ目が自分の思うとおりに事が運ばない時に出てしまうイライラです。

 

職場の人間関係や仕事の内容、家族や友達、恋人と上手く行かない……ほかにも物理的にお金がない、時間が足りない、暑くて過ごしにくいなどの環境の悩み事です。こういった理由がある悩みがイライラに繋がってしまうのです。

 

しかし、悩みには理由がないモノがあります。これが2つ目のイライラの種類です。ホルモンバランスの乱れにより起こるイライラで、理由が決まっていないのが大きな特徴です。

 

ホルモンバランスの乱れによるイライラ

 

ホルモンバランスの乱れによるイライラは、本人の感情に関係なく起こります。女性ホルモンのエストロゲンが減少する事により起こる更年期障害が例に挙げられます。更年期障害のイライラはエストロゲンが減少することにより起こるのです。

 

20代でも生活リズムが不規則になり、食生活が乱れ、更年期障害を引き起こす人が増えています。こうした生活習慣により、女性ホルモンが減り、更年期障害と似たイライラの症状を引き起こすのです。

 

自分は若いから更年期障害とは関係ない。そう思わずに、ホルモンバランスの乱れを考えることがイライラ改善に繋がります。日常生活を見直し、正しい生活リズムを取り戻しましょう。