ホルモンバランスとオナニーの関係

 

ホルモンバランスの乱れとオナニーは関係がある。昔から言われてきたことですが、本当に関係があるのでしょうか?

 

オナニーをするとホルモンが分泌される!

 

ホルモンが分泌されると、男性はより男らしい身体や心になり、女性はより女性らしい身体つきや心になっていきます。オナニーによる自慰行為は脳を活発にさせ、男性であれば男性ホルモン、女性であれば女性ホルモンが分泌されやすくなります

 

女性ホルモンが増えると、肌がつやつやになったりするメリットもありますが、一概にホルモンが多く分泌されるのがいいとは言えません。様々な問題も出てくるからです。

 

男性のオナニーによる影響

 

オナニーのやりすぎによるホルモンバランスの乱れは『ニキビ』ができてしまう可能性があります。原因は男性ホルモンの分泌です。

 

男性ホルモンが分泌すると、顔の皮脂が増え、ニキビが出来やすい体質になります。男性のオナニーで男性ホルモンの分泌が増えれば、ニキビへの影響が心配されるのです。

 

女性のオナニーによる影響

 

しかし、女性であればオナニーすることで、女性ホルモンが脳から分泌されます。これはニキビの改善や肌荒れに効果が期待できます。

 

不規則な生活習慣や睡眠不足によって女性ホルモンの乱れが問題になっています。女性ホルモンが多く分泌されるのはニキビ改善などに役立つ可能性があります。

 

オナニーによってホルモンは分泌されますが、直接的に強い影響を与えるわけではありません。人によって分泌量も異なり、まったく影響を受けない人もいることを忘れてはいけません。補助的な効果くらいに考えておきましょう。