ホルモンバランスとストレスの関係

 

 

失恋をしたり、人間関係で悩んだり、過度な仕事がストレスになったり……私たちはストレスを抱えながら生活しています。ストレスは私たちの身体のホルモンバランスを乱すこともあります。

 

ホルモンバランスとストレスの関係

 

ホルモンの多くは脳から司令を受けて、身体の各部分から分泌されます。女性ホルモンもその1つです。強いストレスにさらされると、脳からの刺激を受け付けなくなってしまう場合があるのです。

 

ルモンは脳を介して身体の自律神経や代謝などのシステムと繋がっています。そのためストレスを感じると、ホルモンバランスの乱れだけでなく、身体の自律神経にも悪影響を与えてしまうのです。

 

ストレスによる更年期障害

 

更年期障害は40代後半以降の女性がかかるものだと言われてきました。最近ではそんな更年期障害が20代や30代の若い女性にも症状が出るようになりました。

 

これは過度な仕事や人間関係、無理なダイエットによるストレスが原因です。ストレスにより自律神経が乱れたり、ホルモンバランスが乱れることにより更年期障害と同じような症状が身体に出てしまうのです。

 

まずは自分の生活スタイルを見直しましょう

 

生活リズムを整えれば自律神経やホルモンバランスの乱れは改善します。ストレスもそれにともなって減っていくでしょう。

 

更年期障害に似た症状が出てきたら、自分の生活スタイルを見直し、ストレスの少ない生活に切り替えるようにしましょう。