ホルモンバランスと不正出血の関係

 

 

生理中なら性器から出血するのはわかるけど、生理中でもないのに出血してしまうのは気味が悪い。不正出血に悩んでいる女性も多いでしょう。

 

不正出血に悩んでいる人の中には、ナプキンなどの生理用品では間に合わない出血量がある人もいます。それはもしかしたら、ホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。

 

ホルモンバランスの乱れによる不正出血

 

不正出血には『機能性出血』と呼ばれる種類があります。これは女性ホルモンの1つである卵細胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量の乱れが原因で起こる不正出血です。

 

更年期に過度のストレスや生活習慣の乱れが起こると、更年期障害によりこの機能性出血の不正出血になる場合があります。しかし最近では20代や30代の若い女性も機能性出血に悩まされる人がいるのです。それは生活スタイルの変化によるホルモンバランスの乱れです。

 

不規則な生活によるホルモンバランスの乱れ

 

ホルモンバランスは身体の老化や更年期だけで乱れるものではありません。若い女性でもストレスや睡眠不足、栄養バランスの悪い食事などによって、簡単にホルモンバランスが崩れてしまいます。不正出血の症状もその1つかもしれないのです。

 

自己判断は原因

 

しかし不正出血は様々な原因があります。ホルモンバランスの乱れによる可能性もありますが、子宮内膜症や子宮頸がんの可能性も否定できません。あまりに多い頻度や出血量のある不正出血の場合、自己判断せずに病院できちんとして検査を受けるようにしましょう。