ホルモンバランスと低血圧の関係

 

女性は男性に比べて低血圧の人が多いです。血行不良はほかにも貧血や冷え性などがあり、それらが原因で肩こりや肌荒れを起こしてしまう人もいます。なぜ、女性はこのような症状を起こしてしまうのでしょうか?

 

なぜ、女性に低血圧が多いのか?

 

女性が男性に比べて低血圧が多い理由として、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。女性は男性に比べて、ホルモンの影響を受けやすくなっています。

 

妊娠や出産、授乳など男性以上にホルモンの影響を受けるようになっているので、低血圧もその1つの症状として身体に現れるのです。女性ホルモンの影響により、血管拡張作用が起き、低血圧になりやすくなるのです。

 

ほかにも生理による大量の血液が失われる、無理なダイエットをしている人が多い。そういった理由が挙げられます。

 

低血圧の原因は様々です

 

低血圧の原因として多いのは、ホルモンバランスの乱れです。不規則な生活やストレスなどにより身体のホルモンバランスが乱れ、低血圧になってしまうのです。

 

ホルモンバランスが乱れる原因は、偏食などによる栄養バランスの乱れや睡眠不足など生活リズムの悪化によるものです。それらを改善することで、ホルモンバランスの改善だけでなく、低血圧の症状も改善することができるでしょう。

 

低血圧はホルモンバランスの乱れだからと言って、すぐに薬に頼るのではなく、食生活を見直したり、適度な運動を心がけるようにしましょう。そういった生活リズムの変化が健康的な身体を作り出すことができるのです。