ホルモンバランスと卒乳の関係

 

 

無事に出産も終わり、子供も卒乳して妊娠前の生活が戻ってきた。それなのに急に顔の吹き出物やニキビが大量に出てきてしまった。それはホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。

 

なぜ、卒乳後に吹き出物が出るのか?

 

授乳中に何も問題がなかったのに、卒乳後に顔に大量の吹き出物やニキビが出てしまうのはホルモンバランスの乱れが原因です。

 

具体的には、ホルモンバランスの乱れというより生理を再開する時に身体のホルモンバランスが変化するのです。顔に出る大量の吹き出物やニキビはその副作用によるものです。

 

卒乳後の身体のホルモン

 

女性の身体は出産すると、黄体ホルモンの一種であるプロゲステロンの分泌が活発になります。プロゲステロンは乳線を発達させ、生理を押さえる効果があります。授乳期間中はプロゲステロンの効果の副産物として、肌に悪影響が出るホルモンの分泌が低下します。

 

しかし卒乳後にはプロゲステロンの分泌が低下し、正常な分泌量に戻っていきます。それにより生理を再開し、再び妊娠ができるように身体の準備が始まるのです。このホルモンバランスの変化によって、大量の吹き出物やニキビが出やすくなってしまうのです。

 

改善策

 

改善策としては通常の吹き出物やニキビと同じように洗顔や化粧水でもケアを心がけましょう。また食生活やサプリメントで身体の免疫力をアップするのも効果的です。

 

女性の身体はホルモンバランスの変化によって、様々な対応をしています。卒乳時には仕方がないと軽い気持ちで考えるようにしましょう。