ホルモンバランスが乱れやすくなる年齢とかある?

 

 

年齢を重ねるほど身体の中で乱れてしまうホルモンバランス。男性では『前立腺肥大』、女性では『更年期障害』の形で身体に悪影響を与えてきます。これらの症状はどれくらいの年齢で身体に現れるのでしょうか?

 

男性の約半分以上が悩んでいる前立腺肥大

 

前立腺肥大は加齢とともに前立腺が肥大化してしまう病気です。肥大した前立腺は尿道を圧迫し、尿が出にくい状態を作り出してしまいます。

 

前立腺肥大の原因は完全には解明されていませんが、男性ホルモンの1種であるテストステロンが乱れることで起こります.。年齢としては50代の男性に多く発症しています。男性のホルモンバランスの乱れが身体に起こるのは、これくらいの年齢と思っておきましょう。

 

女性を悩ませる更年期障害

 

女性もホルモンバランスの乱れによって更年期障害を起こします。思春期から40代までは安定して女性ホルモンが分泌されます。しかし卵巣機能の衰えなどで、40代半ば以降は分泌量が減少してしまいます。

 

女性ホルモンの分泌量が少なくなると、多汗や冷え性などのほかに理由のないイライラや落ち込みなどが起こります。個人差がありますが、女性のホルモンバランスが乱れてしまう年齢は40代半以降と考えていいでしょう。

 

改善策

 

男性も女性も加齢とともにホルモンバランスの乱れは起こります。それを少しでも改善するのは、規則正しい食生活や適度な運動です。健康にいい生活スタイルを維持することが、ホルモンバランスの改善に繋がるのです。