ホルモンバランスと汗かきの関係

 

 

暑くなると汗かきの体質に困ってしまう。そんな悩みを持っている人もいるでしょう。

 

汗かきには新陳代謝の高さや肥満などいろいろな原因

があります。しかしその裏にはホルモンバランスの乱れなどが原因で起きてしまう恐ろしい汗かきが潜んでいるかもしれません。

 

バセドー病

 

バセドー病は『甲状腺機能促進症』と言われるホルモンバランスの乱れが原因で起きてしまう病気です。
身体の代謝を促進する甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、代謝が異常に高まり、大量の汗かきなどを引き起こします。

 

自律神経失調症

 

自分の意思とは関係のない血液の流れや心臓の鼓動……それらを管理してくれるのが自律神経です。これが乱れることが『自律神経失調症』です。

 

自律神経失調症はホルモンバランスの乱れが原因です。副交感神経の働きがホルモンバランスの乱れにより悪くなり、大量の汗をかくことに繋がります。汗をコントロールする仕組みに支障がおき、普通異常の大量の汗をかいてしまうのです。

 

自律神経失調症になった人が皆、異常な汗かきを引き起こすわけではありませんが、ホルモンバランスの乱れにより起きるので注意は必要です。

 

ホルモンバランス以外により起きる異常な汗かき

 

糖尿病や白血病などが原因で普段以上に汗を多くかいてしまう人もいます。汗かきの人が皆、ホルモンバランスが原因とは言えません。

 

しかし、ホルモンバランスの乱れと汗かきは強い関係を持っています。もしかしたら、自分の汗かきも……
そう思うことが大切になります。