ホルモンバランスと生理不順の関係

 

 

生理は人にもよりますが1ヵ月周期で訪れます。それが来ていない場合は、生理不順や無月経などのトラブルが起きているのかもしれません。

 

そんな生理不順の原因として考えられるのはホルモンバランスの乱れです。女性ホルモンの分泌量の減少が原因で生理不順になってしまうのです。

 

ホルモンバランスと生理不順

 

生理不順の原因として、妊娠していない場合以外はホルモンバランスの乱れが考えられます。つまり女性ホルモンが正常に分泌していないので、生理や自律神経の乱れとして身体に影響が出てくるのです。

 

女性ホルモンの分泌が滞ると、生理不順だけでなく自律神経の乱れも目立ちます。頭痛や身体のだるさなど身体のいろいろな部分に影響が出てくるのです。

 

簡単に考えてはいけない生理不順

 

生理不順は決まった周期で生理がこないことをいいますが、人によって期間はいろいろです。1ヵ月こない人もいれば、2ヶ月以上こない人もいるようです。

 

疲れていてたまたま生理がこなかった……そう軽く考えている人もいるようですが、生理不順は簡単に考えてはいけない重要な問題です。

 

脳や脳下垂体、卵巣、子宮のどこかで女性ホルモンの関する問題が起きてるのです。原因はいろいろありますが、ストレスや過度なダイエットや栄養バランスの乱れた食事などが挙げられます。

 

最悪の場合は未来の妊娠にも影響が出る場合があります。心配ならすぐに病院やクリニックで検査を受けるようにしましょう。