ホルモンバランスと睡眠の関係

 

 

仕事や育児が忙しくて、睡眠不足になってしまった。そんな忙しい女性も多いでしょう。それにともなって、肌が荒れたり、生理痛が酷くなったり、身体が太り気味になってしまった。そう感じているならそれは睡眠不足によるホルモンバランスの乱れが起こっているのかもしれません。

 

睡眠とホルモンバランス

 

睡眠とホルモンバランスは密接な関係があります。身体を整える女性ホルモンは、睡眠中に分泌されるからです。

 

ですから、睡眠不足や浅い睡眠ばかり取っていると身体にきちんとホルモンが分泌されない恐れがあります。また睡眠不足による疲労が溜まると、ストレスを感じ、よりホルモンバランスが崩れてしまうかもしれません。

 

質のいい睡眠

 

睡眠時間は長ければいいというわけではありません。短すぎる睡眠時間は問題ですが、同じように長くなれば身体の疲れが癒されるというわけでもないのです。

 

質のいい睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠のバランスにあります。これらを繰り返すことが質のいい睡眠に繋がるのです。

 

ホルモンバランスを考えた睡眠

 

女性ホルモンの多くはノンレム睡眠時に分泌されます。女性は男性に比べて、睡眠不足に悩まされている人が多いですが、それと同時にホルモンバランスも崩しているのです。

 

レム睡眠とノンレム睡眠をバランスよく繰り返すことで、女性ホルモンが分泌し、身体を正常に導いてくれます。時間は夜の10から2時くらいです。この時間はしっかりとした睡眠を確保するようにしましょう。