ホルモンバランスが乱れるとニキビ、吹き出物が出やすい?

 

 

ホルモンバランスが乱れるとニキビや吹き出物が出やすいと言われています。どうしてホルモンバランスが乱れると、ニキビや吹き出物が出やすくなってしまうのでしょうか?

 

2種類の女性ホルモン

 

女性ホルモンにはエストロゲンやプロゲステロンの2種類があります。これらのホルモンは生理周期や妊娠などにより増えたり、減ったりして女性の身体をコントロールしているのです。

 

エストロゲンは女性になるための身体作りをサポートし、肌の潤いを保ち、シミやたるみの予防をしてくれるホルモンです。プロゲステロンは、皮脂の分泌を施し生理周期を遅らせる効果があります。この2種類のホルモンのバランスが崩れると、ニキビや吹き出物の症状が出てしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れが引き起こす肌荒れ

 

女性ホルモンであるエストロゲンが不足した場合、肌のハリや潤いがなくなり、ニキビや吹き出物が出やすくなります。プロゲステロンは皮脂を多く分泌する肌荒れの原因ですが、これがなくなると肌の乾燥を招き、肌荒れを引き起こします。

 

両者のバランスが保っているうちはいいですが、ホルモンバランスの乱れによって、最初に肌荒れの症状をして身体に実感できるでしょう。

 

さらに進むと更年期障害の可能性あり

 

ホルモンバランスの乱れは女性によって異なりますが、症状が進むと更年期障害などの悪影響も出てきます。そうならないために、ニキビや吹き出物などの初期症状のときに産婦人科で治療するようにしましょう。