ホルモンバランスは産後に乱れやすい?

ホルモンバランスは産後に乱れやすい?

 

 

妊娠は女性にとって一大事です。そんな妊娠から産後にかけて身体の変化を感じている女性は多いようです。それはホルモンバランスが関係しています。

 

産前後のホルモンバランス

 

ホルモンバランスによって女性は妊娠に適した身体に変化していきます。子宮筋の収縮を和らげ、流産を起こしにくい身体にしたり、母乳を出すための乳管を発達させたりします。

 

出産後終えると、赤ちゃんがおっぱいを飲むことで刺激され、女性ホルモンの分泌も活発になります。それにより母乳が形成されるのです。

 

女性ホルモンが与えるバランス

 

1つの例が『生理再開を遅らせる効果』です。女性ホルモンの1つであるプロラクチンには母乳分泌作用のほかに排卵抑制作用があります。これにより生理再開を遅らせる効果があるのです。

 

ホルモンバランスの変化による悪影響

 

ホルモンバランスの変化は産前後の身体を出産と育児に適した身体に切り替える効果があります。しかし悪影響もあります。

 

妊娠前の身体に戻ろうとする過程で、ホルモンバランスが乱れることで起きるのです。肌が敏感になったり、かゆみや湿疹、かさつきなどの症状が心配されます。さらに慣れない育児による睡眠不足やストレスもホルモンバランスに影響を与えます。

 

これらはしっかり休養することで回避することができます。産後は身体のホルモンバランスが乱れるので、周囲にしっかりサポートしてもらい身体の負担を減らすようにしましょう。