ホルモンバランスが乱れると不眠症になりやすい?

 

 

疲れているはずなのに夜眠れない不眠症。何日も眠れないと、人は疲れが取れず精神的に追い込まれ、鬱病になってしまうこともあります。そんな不眠症はもしかしたら、ホルモンバランスの乱れが原因で起こっているのかもしれません。

 

不眠症とホルモンバランスの関係

 

不眠症の原因はストレスにあります。緊張や絶望感や不安感を心に抱えてしまうと、大きければ大きいほど人は不眠症になってしまいます。心の状態が不安定になってしまうと、不眠症になってしまいますが、同じ原因でホルモンバランスの乱れにもなってしまうのです。

 

ホルモンバランスの乱れはストレスが原因と言われています。身体に必要なホルモンを分泌しているのは、主に脳の役目です。脳はとてもデリケートでストレスの影響を大きく受けます。ストレスが原因でホルモンバランスの乱れを起こしたり、不眠症による焦りがストレスとなり、身体のホルモンバランスを乱してしまう事があるのです。

 

ホルモンバランスを整え、不眠症を改善するために

 

不眠症とホルモンバランスの原因はストレスにあります。それを改善することが、2つの症状の改善に繋がるのです。

 

一番効果があるのは、毎日できる適度な運動です。運動をすることで気分転換になりストレスを解消することができます。また運動をすることで身体に疲労がたまり、眠りやすくなって不眠症の改善に繋がります。どんなスポーツでもいいですが、毎日出来て自分の好きな種類を選ぶようにしましょう。