ホルモンバランスが乱れると尿漏れしやすくなる?

 

 

 

 

あまり知られていませんが、尿漏れは女性にとても多い症状の1つです。尿漏れをしている女性は多いですが、中でも妊娠や出産を経験した女性の半数以上は妊娠前後から尿漏れに悩んでいるようです。原因は様々ですが、その尿漏れはホルモンバランスの乱れが関係しているかもしれません。

 

妊娠中の尿漏れ

 

妊娠すると女性は出産に向けて骨盤周りの筋肉を緩やかにするための女性ホルモンが分泌されます。このホルモンが分泌されることによって、出産しやすい身体に変化していくのです。

 

しかしこの出産の準備が尿漏れしやすくなってしまいます。女性はもともと尿道が短いため、少しずつ大きくなる子宮に圧迫され、尿漏れを起こしやすくなっています。

 

さらに妊娠初期になると尿漏れしやすくなってしまいます。これは大きくなる子宮に圧迫され、尿を溜める容量が少なくなってしまうことが原因です。

 

尿漏れを防ぐには

 

妊娠前後のホルモンバランスの乱れによって、女性の尿漏れは起こります。子供を無事に出産し、身体のホルモンバランスが整えば、自然と尿漏れが改善されていく。そう思っている人も多いでしょう。しかし産後の尿漏れは原因を改善しないといつまでも続く可能性があるので注意が必要です。

 

尿漏れの原因は妊娠・出産に向けた骨盤の緩みが原因です。医師の許可は必要ですが、ヨガやストレッチのような軽い運動で骨盤周辺の筋肉を鍛えるようにしましょう。整体での骨盤短正も尿漏れに効果的です。