ホルモンバランスが乱れると薄毛、抜け毛が酷くなる?

 

 

髪の毛の抜け毛は男性だけのイメージがありますが、女性でも起こりうる現象です。女性の抜け毛は男性と違い、髪の生えている領域はそのままに全体的にボリュームダウンしてしまうのが特徴です。

 

女性の抜け毛は誰にでも起こりうるので、きちんと対策を考えておきましょう。今回はそんな女性の抜け毛とホルモンバランスの乱れを紹介します。

 

ホルモンバランスの乱れが原因

 

女性の抜け毛にはいろいろな要因があります。過労やストレスが原因で抜け毛に悩まされる場合もあるでしょう。しかし最近注目されているのがホルモンバランスの乱れが原因で起きてしまう抜け毛です。

 

加齢に伴い、女性ホルモンが減少し更年期障害を起こしやすくなります。女性ホルモンの減少はホルモンバランスの乱れを誘発し、更年期障害以外の問題を引き起こします。その1つが抜け毛なのです。

 

なぜ、ホルモンバランスの乱れが抜け毛を引き起こすか?

 

女性ホルモンと髪の毛の成長には強い関係があります。エストロゲンという女性ホルモンは少なくなると、髪の毛のボリュームを下げたり、不足してしまう恐れがあるのです。最近では、20代の女性のホルモンバランスの乱れも目立つようになり、同時に抜け毛で悩む女性も増加しています。

 

生活習慣の乱れが原因

 

ホルモンバランスの乱れの原因は様々ですが、生活習慣の乱れが原因の場合があります。不規則な生活や偏食による栄養バランスの乱れ、睡眠不足によってホルモンバランスは大きく乱れます。こういった部分を改善するようにしましょう。