ホルモンバランスが乱れると髪質が変わる?

 

 

抜毛が増えたり、髪質が悪い影響を受けていると感じている人はいませんか?髪質の変化に悩んでいる人はホルモンバランスの乱れを疑ってください。ホルモンバランスの乱れは髪質に影響を与えるからです。

 

ホルモンバランスの乱れは妊娠から起こりやすい

 

ホルモンバランスが乱れる女性は産後に身体の変化を実感します。妊娠から出産、授乳にかけて女性の身体の中ではホルモンバランスが目まぐるしい変化をするからです。

 

さらに妊娠中や育児の最中は睡眠時間も減る場合があります。睡眠中に女性ホルモンを始めとする身体に有効的な成分が多く出るので、睡眠時間の不足は悪影響を与えます。ほかにも授乳中のタンパク質不足もホルモンバランスの乱れや髪質の変化になります。抜けやすくなったりツヤがなくなったりしたら要注意です。

 

妊娠していない女性も要注意

 

ホルモンバランスの乱れによる髪質の変化は妊娠すると起こりやすくなります。しかし、最近では妊娠していなくてもホルモンバランスの乱れを起こす女性が増えています。

 

理由は仕事のストレスや不規則な生活習慣、喫煙、睡眠時間の不足などが挙げられます。これらの行動はホルモンバランスの乱れや自律神経の悪化を引き起こし、髪質の変化に繋がってしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れを改善するのは

 

ストレスを減らしたり、栄養バランスの整った食事を取るなど規則正しい生活リズムと取り戻すことをメインに考えましょう。病院でホルモン治療などもありますが、規則正しい生活リズムが一番の治療に繋がるのです。