ホルモンバランスとうつ病の関係

 

 

仕事の過労やストレスによって鬱病を発症してしまう人が増えています。鬱病にはいろいろな定義がありますが、『脳や身体に様々な悪影響が起きている状態』という考え方があります。それを引き起こしている見えない原因のひとつにホルモンバランスの乱れがあります。

 

鬱病の原因

 

鬱病の原因には、人間関係のトラブルや仕事の過労などの外的要因。自分の中にあるネガティブな考え方や優しすぎる真面目な性格などの内的要因。偏った食事や過度なアルコールによる物理的要因があります。そして、ホルモンバランスの乱れによる体質的な要因です。

 

鬱病の原因は1つではなく、いろいろな要因が絡まりあっている場合があります。その中でもホルモンバランスの乱れが原因にある場合、脳内物質のバランスを崩し、脳細胞を混乱させ、ストレスを感じやすくなってしまいます。これが結果をして、鬱病を引き起こすのです。

 

ホルモンバランスが乱れている鬱病の改善

 

治療法は脳内物質を安定化させるために、自律神経を安定させ、萎縮した脳細胞を再生、活発にすることを目的にします。薬での治療も考えられますが、ホルモンバランスの乱れは生活習慣や食生活のバランスを正しくするだけでも効果があります。ホルモンバランスの乱れが改善できれば、体内のバランスも整い、ストレスに強い考え方を手に入れることができます。

 

鬱病は様々な要因で起こる心の病気です。ゆっくり自分の心と向き合い、自分らしい心を手に入れましょう。